今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】

治療で改善を目指す

メガネ

どのような方法があるのか

加齢とともに目の機能も衰えてきますが、その衰えに気付くきっかけとなるのが老眼です。老眼は新聞など細かな文字が見えにくくなることが良く知られていますが、この他にも夕方になると見えにくいなどの症状も出てきます。老眼への対策方法として、手軽に取り入れることができるのが老眼鏡です。最近はおしゃれなタイプも増えており、比較的若い世代にも違和感なく取り入れられるようになりました。近眼もあるという人は遠近両用タイプの眼鏡やコンタクトで矯正することも考えてみましょう。できることなら眼鏡に頼らずに改善したいという場合は治療も検討することとなります。眼科ではどのような治療が提供されているのかも知っておきたいですが、治療方法としてはモノビジョンレーシックや調整力が弱った水晶体の代わりに多焦点眼内レンズを挿入する手術もあります。この方法であれば近くも遠くも良く見えるようになるのがメリットです。そして、治療だけに頼らずに悪化しないよう予防することも大事です。老眼の予防方法としては、手軽に行える方法では遠くと近くを交互に見る、目をぐるぐる回すなどの運動やストレッチがあげられます。さらに老眼を予防するためには、目の健康に良い成分をしっかりと摂ることも大事です。食事に工夫するのも良いですが、サプリメントならより手軽に目に良い栄養素や成分を取り入れることができます。ルテインやビタミン、アスタキサンチンなどは予防に役立つ成分です。さらに紫外線も目の機能を落とすことにつながりますので、外出の際は帽子やサングラスを使用するなどの予防策も考えていきましょう。

Copyright© 2018 今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】 All Rights Reserved.