今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】

40代以降に多い症状

メガネ

対策の必要性

40代以降になると、男女を問わずかなりな確率で現れると言われる目の症状が老眼ですが、これは目のピント調整機能の乱れや衰えによって起こる症状です。老眼は近くや手元にピントが合わずぼやけたりするなどして、新聞や本などの文字が読みづらくなるなどし、生活に支障をきたす場面は少なくありません。老眼の症状が現れた場合には老眼鏡をかけるなどの対応をする方が大部分ですが、症状が現れてからの対応ではなく予防や改善の方法に、注目が集まっています。老眼の症状を予防や改善する方法としてメディアなどで採り上げられているのは、ビタミンAやルテインと言った成分の摂取で、健康食品やサプリなどを利用する方が増えています。この予防策は健康食品やサプリだけでなく、もちろん天然の食品からも摂取が可能でイチゴやブルーベリーが効果的と言われています。もう一つの予防や改善の方法は、目の周りのマッサージや温め眼球をぐるぐる回して行う目のストレッチが挙げられます。これは目の周りの筋肉の衰えから来るピント調節機能の衰えを、予防や改善する目的で行うと効果が期待できます。もう一つはテレビやパソコンやスマホから発せられるブルーライトから目を守る方法として、ブルーライトカット眼鏡を使用する事や一定時間ごとに目を休ませると言う方法もあります。ブルーライトによる影響は以前に比べ大幅に受けやすい時代となりましたので、対策をとる必要性も高まっています。

Copyright© 2018 今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】 All Rights Reserved.