今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】

明瞭な視界を確保したい

メガネ

目の健康を保つには

40代以降の中高年の年代になると、近くの対象物を視覚的に認識することに支障をきたすようになることが珍しくありません。40歳代以降に入ると次第に自覚されるようになり65歳前後まで進行は継続すると推測されています。このような症状をもたらすのが「老眼」とよばれる現象で一種の老化現象なのは確かです。目のなかにはカメラのレンズにあたる水晶体がありますが、ピントに相当する役割をするのが「毛様体筋」と言う微細な筋肉です。人間はこの毛様体筋を収縮させることで、水晶体の厚みを変えて対象物の距離に応じて、自由自在に厚みを調整することが出来ます。遠くを見るときには毛様体筋が緩んで水晶体を薄くしますが、反対に近くを見るときには毛様体筋を収縮して厚くすることで正しくものの形を視覚認識することが可能になります。ところが加齢により水晶体も収縮性が乏しく、毛様体筋も収縮力が衰えるので対象物との距離に応じて、適切にピン調整することが困難になり、近くのものが目を凝らしてもぼやけると言った症状を呈するようになります。老眼はトレーニングである程度予防することが出来ます。予防するには目を開く・閉じる運動を繰り返したり、顔を回さず言及だけを上下左右に動かす方法があります。老眼は目の老化現象なので発症を完全に予防することは困難です。しかし加齢で衰えた毛様体や水晶体をトレーニングで鍛えることで酷くなるのを予防することが出来ます。老眼は年齢のせいだと、放置しないことが重要です。

Copyright© 2018 今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】 All Rights Reserved.