今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】

メガネ

40代以降に多い症状

40代以降手元や近くの物や文字が見えにくくなる老眼の症状に悩まされる人が増加します。その予防や改善の方法としては、ビタミンAやルテインの摂取や目の周りの筋肉のマッサージやストレッチ、ブルーライトカットなどの方法が挙げられます。

詳しく見る

中年女性

生活を見直す

老眼は年を重ねることで、誰にでも起こるものですが、予防することは可能です。普段の生活において、パソコンやスマートフォンの使用に関してルールを設けることや、眼の健康を意識した食事を継続して摂取することが挙げられます。

詳しく見る

男性

目の若さを保つには

人間の目に備わっているピントを調節する機能は、年齢を重ねるにつれて衰えてしまいます。これを老眼と言いますが、近くを見る時間を減らすことで予防できます。遠くの物を交互に見たり、サプリメントを併用したりするとより効果的です。

詳しく見る

メガネ

治療で改善を目指す

老眼になると近くが見えにくい、細かな文字が読みづらいなど様々な症状に悩まされることとなります。医療機関で治療を受けることもできますが、悪化を防ぐためには目のストレッチを行う、目に良い栄養素を摂るなどの予防策も取り入れていきたいところです。

詳しく見る

メガネ

明瞭な視界を確保したい

老眼は眼鏡で言えばレンズにあたる水晶体と、ピントに相当する毛様体筋の収縮力の低下によって、近くの対象物を明瞭に視覚認識できない状態のことをさしています。放置すれば悪化するばかりなので、眼球の運動などを意識的にするのが予防になります。

詳しく見る

30代から発症の可能性も

男性

積極的にトレーニングを

老眼と聞くと中高年以降の年齢の男性が、腕を伸ばして新聞を読んだりする姿を想像する人が多いことでしょう。しかし、最近ではスマートフォンの普及の影響で30代くらいの年代から老眼の疑いのある人が増加しつつあるのをご存知でしょうか。実は、老眼は近くにある対象物が見えにくいといった症状だけでなく、眼精疲労が強い・肩がこるなどもその症状の一つです。そこで誰の身にも起こりかねない、老眼のおこるメカニズムと予防法などについてご紹介してまいります。そもそも老眼は、目のレンズにあたる水晶体とそのピントを調節する毛様体筋の収縮や緊張によって機能が低下する状態のことを意味しています。水晶体も筋肉もたんぱく質で構成されていますが、加齢に伴って柔軟性が失われ近接する対象物をうまく視認できない、といった不具合を引き起こします。遠くを見るときには筋肉(毛様体筋)が緩んで水晶体は薄くなり、逆に近くのものを見るときには筋肉は緊張し水晶体は分厚く変化します。このメカニズムが老化で対応できない状態になるのが老眼です。ある種の加齢なので完全に予防するのは困難ですが、悪化を予防するトレーニング法はあります。まず一方の手をたてて人指し指を立てて、指先の爪を1秒間凝視します。3〜5m先に対象物を置いて、それを1秒間凝視します。この二つの動作を1セットにして30回繰り返します。老眼は70歳くらいまでは症状が進行すると見られているので、トレーニングで悪化を予防するのが大事です。

Copyright© 2018 今できる老眼予防策【悪化を予防するトレーニング】 All Rights Reserved.